夜の世界を描いた映画をもう一つ紹介します。キャバクラやホステスのサクセスストーリーや人間模様ではなく、舞台はショークラブです。

クリスティーナ・アギレラが映画初主演

2010年に公開された『バーレスク』は、アメリカの歌姫クリスティーナ・アギレラが映画初主演を務めた作品で、ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門で作品賞にノミネートされています。

ミュージカルのようなショークラブでの歌と踊り、度肝を抜くアギレラの迫力の歌声は、一見の価値ありです。

出典サイト:http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22912/

ショークラブでのエンターテイメント

「バーレスク」とは、ストリップとまで露出が激しいものではありませんが、ちょっとセクシーな踊りと歌を見せてくれるショーのことを言います。

この映画はほとんどの場面がショークラブでのエンターテイメントです。

ストーリーとしても田舎から都会に進出していく女の子の単純なサクセスストーリーです。

これだけだと単に歌って踊っているうちに成功するだけの映画のように思えてしまうのですが、主演のシェールとクリスティーナ・アギレラの歌唱力とダンスによって、上映時間の約2時間があっという間に過ぎ、映画ではなく生のショーを見ているような気持ちになれます。

嫌なことを忘れたいとき、スカッとしたいときにお勧めの映画です。

出典サイト:http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22912/